business

複合機の特徴

昔から現在までの移り変わり

現在、市販されている複合機には多数の機能性が備わっています。現在の複合機とかつての複合機を比較すると大きな変化や進化が見られます。複合機の主な機能として、パソコンからのデータ出力のためのプリンター機能、コピー機能、FAX機能、スキャン機能があげられます。しかし、昔と現在の複合機を比較するとプリントする速さや、スキャンした際の画質の質が大きく改善されています。また、複合機の昔と現在を比較すると、サイズもコンパクトになったため場所を取らず設置することが可能となりました。また、昔の複合機と比較して新しい機能も搭載されています。例えばスマートフォン等の電子デバイスからデータを複合機に無線で転送しプリントすることやスキャナの画像をパソコンに自動転送が可能なこと等です。

複合機の今後の動向と予測

複合機を導入する際、かつては購入することが大半でした。しかし、最近では複合機をリース契約で導入するなど様々な契約形態があります。購入場合と比べてリースの方が導入しやすいと思う企業も多く見られます。リースで導入する際には様々なサービスが付帯されています。例えば、プリンターメーカーによるメンテナンス付きで、故障や修理の際は無料でメンテナンスをしてもらえる保証があるプランもあります。また、トナーなどの消耗品がなくなった場合、無償にて交換してもらうことが可能なプランもあります。この場合トナーなどの消耗品を購入する手間が大幅に削減できます。ただし、この場合プリントする際には1枚につき幾らか課金されるというリース契約になること多いと言われています。